ホーム > Yuji's コラム > 初めてのクロスバイク

今、スポーツ自転車で一番勢いのある車種です。 簡単に説明しますとロードレーサーとMTBの中間に位置するバイクです。 なぜクロスバイクという名前なのかは、定かではないのですが、シクロクロス競技用バイクがロードレーサーの外観で、MTBのようなブロックタイヤを装着しており、そこからきているのではないかと思います。 MTB、ロードレーサーのように、どのメーカーでも同じ呼ばれ方をされていおらず、メーカーによっては、トレッキングバイク、コンフォートバイク、フィットネスバイク、フラットバーロード、ライフスタイルバイクなどいろいろな名称で呼ばれております。 当店では、総称してクロスバイクと呼んでおります。 今まではMTBを街乗り、通勤、サイクリングなど、オンロード走行に使用されていた方が多かったのですが、クロスバイクの出現により、オフロードへは行かないけれど段差や路面状況などを気にせず走れ、通勤や通学、チョットしたツーリング等に向いているスポーツ自転車の入門用として、クロスバイクを購入する方が増えております。

01クロスバイクの基本的な特徴

・タイヤ径は700C 女性用などで650Cなどもありますが一般的なクロスバイクのタイヤの大きさがほとんどです。ロードレーサーのホイール径と同じになります。タイヤ幅は28から35mmのものが多いです。
◆ブレーキの効きがよい ブレーキはMTBと同じシステムを使用しているものがほとんどです。Vブレーキが多く、たまにディスクブレーキを装備している物もあります。フラットバーロードと言われるロードレーサーにフラットハンドルを装着したモデルは、ハンドル回り以外はロードと同じなので、ロードレーサー用のキャリパーブレーキが装着されています。
◆変速段数が多い クロスバイクのギアは21段、24段、27段のものがほとんどです。MTB、コンフォート、ロード、さまざまなコンポーネンツをミックスしているものが多いです。
◆乗車姿勢が起き上がる クロスバイクは、初心者の方でも、楽な乗車姿勢で乗れるよう、フレームのトップチューブが短めに設計されており、ママチャリまでは行きませんが、MTB、ロードレーサーよりも、上体がおきたアップライトな乗車姿勢になります。初めてスポーツバイクに乗られる方、年配の方、女性にも、最初から違和感なく乗車できると思います。 あまりキツイポジションではなくので、ゆったりとのんびりサイクリングを楽しめます。

03クロスバイクの価格

現実的な問題として価格が重要になってくると思います。価格はも¥40,000くらいから\400,000するものまでさまざまです。 低価格帯から高額車までの価格差が、MTB、ロードレーサー程の差はありません。 メーカー側もスポーツ自転車入門用にターゲットを絞った商品が多いですが、今年から\300,000以上のカーボンフレームタイプなども 販売されており、これからまだまだ発展していく車種だと思います。
1.クロスバイク(フロントサスペンションなし) お勧め価格帯\50,000~\100,000 当店で取り扱っているクロスバイクは約\50,000~\300,000位までの価格のものがあり、価格の高いクロスバイクが購入できれば、それに越した事はないですが、初めて購入するのに10万円以上のモデルは、難しいと思います。 当店では最初に購入する場合、定価\50,000~¥100,000のモデルを目安に選ばれるのがよいと思っております。 理由として
・各メーカー、一番売れ筋の価格帯なので、商品が豊富でコストパフォーマンスも高い ・フレームはアルミの良い素材を使用している
・リアの変速段数も8段、または9段を使用している このクロスバイクの車種は一番種類が豊富であり、各メーカー一番競合する価格帯なので、選ぶ際難しいですが、TREK、GARY FISHER、SPECIALIZED、GIANT、ルイガノ等有名スポーツバイク専門メーカーであれば、正直に言ってコンポーネントなどのグレードにあまり違いがありません。自分のサイズにあった、お好みのカラー等のを選んでいただければよいと思います。
2.クロスバイク(フロントサスペンションあり) お勧め価格帯\80,000~\100,000 近年、各メーカー車種が少なくなってきております。当店で取り扱っているこの種のクロスバイクは約\50,000~\100,000位までの価格のものがあり、基本的に入門モデルしかなく、高価格モデルはありません。 ただこのタイプであまり価格の安いものを選ぶと、あまり交換することがないフロントサスペンションが良いものがついていない場合が多いです。 ですので、\80,000~\100,000のモデルが良いのではないかと思います。 \100,000くらいのモデルになりますと、フレームのリアバックがカーボン製になり、りあにサスペンション効果がでてきます。 理由として
・各メーカー、一番売れ筋の価格帯なので、商品が豊富でコストパフォーマンスも高い
・フレームはアルミの良い素材を使用している(\100,000くらいのモデルになると、フレームのリアバックがカーボン製)
・リアの変速段数も9段を使用している
3.フラットバーロード お勧め価格帯\80,000~\250,000 この車種は、現在当店取扱いメーカーでは、GIANTのみになります。GIANTでは4モデル用意されております。 当店では、このモデルを在庫はしておりません。 クロスバイクというよりはロードレーサーにかなり近いですし、この車種であれば、ロードレーサーの御購入をついお勧めしてしまいます。 前にも書かせていただきましたが 週末はロードで本格的にレースやサイクリング、平日は、通勤用のセカンドバイクにフラットバーロード。 というような使用がお勧めではあります。

06最初からあったほうがいいオプションパーツ

クロスバイクを購入し、乗る事はできますが、鍵などオプションパーツは付属されていない事がほとんどで、途中コンビニなどにより買物なども心配です。これは自転車すべてにいえることです。 まず、最低限あったほうが良いオプションパーツは
・カギ:出かけても、鍵なしでとめたら、大事なMTBが盗まれてしまう。長めのワイヤーロックが定番です。
・ライト:路面を照らす、というよりは、自動車、歩行者に、自分の存在を知らせる為に照らします。LEDライトで、点滅できるものが人気です。通勤の方にはリアライトも取り付けお勧めします。
・スタンド:止めておくとき便利。 通勤、街乗り等オンロードで使用される場合、スタンドがあるほうが非常に便利となります。スタイル的にいやだ、という方は無理につけなくてもよいと思います。
・フェンダー(泥除け):通勤に使用される方には、フェンダー(泥除け)も人気があります。脱着がワンタッチでできるタイプ、固定タイプがあります。

08最終的に

どの車種も一緒なのですが、最終的には、自分の気に入ったクロスバイクを購入するのが一番です。 フレームサイズは身長に適したものをチョイスして下さい。 ルックスが気に入った、カラーリングがよい、なども充分購入のポイントとなります。 時計、バック、洋服、自動車などと同じで、機能性も大事ですが、自分の気に入ったデザインの自転車を乗るのが一番愛着がわき、長く大事に所有する秘訣だと思います。 時計などと違い、目立つ傷は使うほどどんどんつきますが、パーツを交換したり、手を加えると、よりかわいくなってきます。 個人個人自分に合ったバイクライフを楽しんでいただきたいと思います。

02クロスバイクの種類

先程、上記で説明させていただいたように、メーカーごとにトレッキングバイク、コンフォートバイク、フィットネスバイク、フラットバーロード、ライフスタイルバイクなどいろいろな名称で呼ばれております。 当店では、総称してクロスバイクと呼ばさせていただいておりますが、その中で3つの分類に分ける事が出来ます。
1.クロスバイク(フロントサスペンションなし) 一番基本となる車体です。フロントサスペンションは装備されておらず、変速段数はフロントが3枚、リアが8~9枚の24、27段変速となります。タイヤはオンロード走行用のスリック系のタイヤが装着されています。700×28~35の幅のものが装着されております。 ブレーキはVブレーキがつくことが多いです。中にはディスクブレーキという非常に良く効くブレーキが装着されています。 フルフェンダータイプの泥除けも装着可能なタイプが多く、オンロードでのサイクリング、通勤・通学、街乗りにピッタリのバイクです。 スポーツバイクを購入するのが初めてで、ゆったりとサイクリングしてみたい、という方にお勧めです。
2.クロスバイク(フロントサスペンションあり) 1のクロスバイクと基本的に同じにですが、フロントにサスペンションがあります。サスペンションのストローク量はフロント80-100mm程です。 タイヤもブロックパターンのオフロード用タイヤを装着できますので、オフロード走行もしやすくなります。 街中での使用も、車道、歩道の段差,砂利道など、MTBのようにあまり神経質にならず、ガンガン走行できます。 但し、1のクロスバイクよりも重量が増えますので、長距離走行、登りは1よりも負荷がかかります。
3.フラットバーロード 1と外観は似ていますが、ロードに近いモデルです。乗車姿勢もアップライトな楽チン姿勢ではありません。ハンドルがドロップではなく、フラットなタイプになっています。 ブレーキはVブレーキではなく、ロードと同じキャリパーブレーキが装着されており、タイヤ幅も細めのものしか装着できませんので、オフロード走行は無理です。 ギア回りもロードコンポを使用しております。 ハンドルをフラットにすることにより、ハンドリングが安定しますので、街中など障害物があるところをスピーディーに走行する際、ロードバイクのドロップハンドルより安全に走行出来ます。週末はロードで本格的にレースやサイクリング、平日は、通勤用のセカンドバイクにフラットバーロードという方が多いです。 重量も1、2のクロスバイクよりも、かなり軽量となります。

04クロスバイクのサイズ

何を購入するか、メーカー、モデル、カラーを決める事と、同時にサイズ選びが重要となります。 いくら気に入った自転車でもサイズが合わないと、乗りにくくなってしまいます。 メーカーによりサイズ表示が異なります。
◆TREK、SPECIALIZEDはインチ表示:15、17.5、20、22.5インチ
◆GIANTはmm表示:370、430、480mm
◆GT:S、M、L などがありますが、同メーカーでも車種、モデルによりサイズも異なります。
各メーカーで適正身長サイズチャート表がありますので、参考にして下さい。 できれば、実車をまたぎ、適正サイズを確認してください。

05どんなタイプのどのモデルがお勧めか!!

クロスバイクでも、何種類かあるのは、御説明させていただきましたが、サイクリング、通勤、など舗装路で使用予定、好きなモデル、ブランドなどこだわりがない。という事であれば、 数ある中で当店がお勧めする初めて選ぶクロスバイクのお勧めモデルを性能、価格のバランス等踏まえピックアップしました。
1:クロスバイク(フロントサスペンションなし)  TREK 7.3FX \68,000(税込)カラー:ファザムダブルトーン、メタリックブラック、ホワイト/シルバーダブルトーン、レッドフレアーパール サイズ:15、17.5、20、22.5  です。お勧めのポイントは
・フレーム素材がFX HYDROFORMEDアルミを使用し、丈夫で軽いフレームである
・変速段数はフロント3段、リア8段の24段変速 
・フロントフォーク、フレームにフルフェンダータイプの泥除けが装着できるクリアランスがある。
・ブレーキはVブレーキで効きが良い
・カラーリングに特徴がある。特にブルー、ホワイトはツートーンで深みがある。
・サイズ設定が豊富で、小柄な方、背の大きいかたにも合うサイズが見つかる。 といったところです。

07購入後のアフターに関して

どの自転車にもいえることですが、メンテナンスは必ず必要となります。 スポーツバイクは変速、ブレーキなど、必ずメンテナンスが必要となるパーツが多く装着されています。 変速や、Vブレーキなどは、調整がくるいますので、自分でやらない場合は、近くのショップで作業してもらう事になると思います。 ちなみに当店では ・当店購入車は変速、Vブレーキ調整は永久に無料(最初のオーナーのみ) ・簡単な点検、調整も永久に無料(最初のオーナーのみ) となっております。簡単な調整や点検では当店購入車の場合、料金が発生しません。他店購入車の場合は、工賃が発生します。当店では変速調整は1箇所\1,000かかります。 ご自分で修理、調整などしない場合、自転車は近くでご購入されたほうが、アフター面で安心ですし、工賃など考えると、インターネット等で安く購入するよりローコストになる場合もあり、長く見た場合、いろいろなメリットが多いと自分は思います。カスタム等の相談も購入店のほうがしやすいと思いますし、ショップツーリングイベント等も参加しやすいかなと思います。 ただ自分でできる調整部分も多数あり、それを行うことも、スポーツ自転車の楽しみではあります。

top