ホーム > Yuji's コラム > 初めての折りたたみ自転車

近年、折り畳み自転車を非常に多く見かけるようになりました。 いままでママチャリに乗っていた方が、街乗り用に使用していたり、サイクリングロードでもロードレーサーのように本気で走る方も多く見かけます。 ・収納スペースをとらない ・走行性能が高い ・かたちがかわいい ・折り畳んで、電車・車で運ぶ事がしやすい 等、いろいろな理由があると思います。 折り畳み自転車というと、小径タイヤの自転車を思い浮かべると思いますが、MTB、ロードバイクタイプもあります。リカンベントに近いモデルの折り畳み自転車もあります。 当店では主に16インチから20インチホイールを使用した小径ホイールの折り畳み自転車を取扱いしておりますので、小径ホイールの折り畳み自転車のことを御説明していきます。

01折り畳み自転車の基本的な特徴

MTBタイプなどで26インチなどもありますが、一般的な折り畳み自転車は小径ホイールがほとんどです。小径ホイールのほうが、コンパクトに折りたたむ事ができ、折り畳み時の寸法が小さくなります。 街中での走行時、信号で止まって、又漕ぎ出す、という場面が多いかと思いますが、小径タイヤのほうが漕ぎ出しが軽く、すぐスピードに乗れます。ストップ&ゴーが得意なので、シティーサイクリング向きです。 タイヤ径が小さい為、全長がロードバイク、MTB、クロスバイクよりも短くなりますので、若干置き場所がコンパクトに済みます。もちろん折り畳めば、収納場所に困りません。 全長が短いからといって、乗車ポジションが窮屈、ホイールベースが短く走行に安定感がないか、というわけではありません。 乗車ポジションは車種により違いがあるものの、乗車ポジションが前傾になるスポーツ的ポジションになるスポーツ車も多いです。 前タイヤの接地面から後タイヤの接地面までは、ロードバイク、MTB、クロスバイクと同じくらいの距離になりますので、走行時の安定感があります。
・折り畳み自転車のサイズ MTB、ロードバイク、クロスバイク、キッズバイクでは購入の際、メーカー、モデル、カラーを決める事と、同時にサイズ選びが重要となりますが、折り畳み自転車は基本的に、フレームサイズはワンサイズとなっております。 MTB、ロード、クロスと違い、ステムの長さを調整できないタイプも多いので、身長によっては乗りにくいものもあるかと思います。 同メーカーでも車種、モデルによりサイズも異なるものもございます。 できれば、実車をまたぎ、サイズを確認してください。 折り畳み自転車も
1.走行性能が高いモデル、
2.携帯性重視 があります。
1の走行性能が高いモデルは、変速がついており、ギア比によっては、MTB、ロードと同じくらいのスピードを出せるものもあります。 2の携帯性重視のモデルは、タイヤ径も小さく、変速も3段などの内装ギア、または変速なしのシングルスピードになっている事が多いです。 このように折り畳み自転車も、用途に合ったチョイスをすることが出来ますので、購入される場合、自分がどの部分に重点をおいているのか、で車種もしぼることが出来ます。 折りたたみ自転車をご購入予定の皆様に一番良く質問を受けるのが、 「こんな小さいタイヤで、普通の自転車のように走りますか?」と言う質問です。 普通の自転車の24インチや26インチの軽快車は乗った事がある方がほとんどであるかと思いますので、出来れば実際に乗って頂いて、結構進むんだな、と体感していただければと思います。 ちなみに当店では ・r&m BD-1 ホイール径 18インチ ・タルタルーガ タイプS ホイール径 20インチ(451タイプ) の試乗車を御用意しております。

03折り畳み自転車の価格

ディスカウントショップ、最近ではドラッグストアなど自転車に関係ない業種でも折り畳み自転車が販売されており、\10,000くらいで購入できてしまうイメージがあるかと思います。 ただ当店で販売している折り畳み自転車は、携帯性・重量・走行性能・カスタマイズ性、耐久性を重視したセレクトになっており、当店がお客様に自信を持ってお勧めできる商品を販売させていただいております。 当店で販売している車体の価格は¥100,000くらいから\200,000ほどのモデルが中心となります。

04どんなタイプのどのモデルがお勧めか!!

折り畳み自転車も、何種類かあるのは、御説明させていただきましたが、サイクリング、通勤などで使用予定、好きなモデル、ブランドなどこだわりがない。という事であれば、 数ある中で当店がお勧めする「初めて選ぶ折り畳み自転車お勧めモデル」をピックアップしました。
1:r&m BD-1スタンダード  カラー:ホワイト、ブルー \133,500(税込)   カラー:ハイポリッシュ、ブラック \138,600(税込)   です。お勧めのポイントは
・フレーム素材はアルミを使用し、丈夫で軽いフレームである ・変速段数はリア8段
・折り畳みが簡単。約10秒
・軽量なので輪行しやすい。10.5kg
・折り畳み寸法が小さい
・ブレーキはVブレーキで効きが良い
・18インチホイールでスピードがでる。
・カスタマイズがしやすく、ロード、MTB用コンポーネントが使用できる。
・オプションも豊富で、小柄な方、女性の方にも合う乗車ポジションを出す事が出来る。
・走行性能、重量、折り畳み寸法、折りたたみ易さ、トータル性能が現在販売されている折り畳み自転車の中で抜群!! といったところです。 ちょっと高いな、と思う方もおられるかと思いますが、走行性能、携帯性、カスタマイズ性などたくさんの長所がありますので、乗れば乗るほど愛着がわき、大事なペットのような存在になる自転車です。

05最初からあったほうがいいオプションパーツ

折り畳み自転車を購入し、乗る事はできますが、鍵などオプションパーツは付属されていない事がほとんどで、途中コンビニなどにより買物なども心配です。これは自転車すべてにいえることです。 まず、最低限あったほうが良いオプションパーツは
・カギ:出かけても、鍵なしでとめたら、大事なMTBが盗まれてしまう。長めのワイヤーロックが定番です。
・ライト:路面を照らす、というよりは、自動車、歩行者に、自分の存在を知らせる為に照らします。LEDライトで、点滅できるものが人気です。通勤の方にはリアライトも取り付けお勧めします。
・スタンド:街で止めておくとき便利。 通勤、街乗り、で使用される場合、スタンドがあるほうが非常に便利となります。スタイル的にいやだ、という方は無理につけなくてもよいと思います。
・輪行バック:折りたたんで輪行バックに収納し、電車、バスなどで運ぶ事が出来ます。サイクリングの楽しみが広がります。
・フェンダー(泥除け):通勤に使用される方には、フェンダー(泥除け)も人気があります。折り畳み自転車は、専用品の固定タイプが用意されていることが多いです。

02折り畳み自転車の種類

当店では1.走行性能重視、2.携帯性重視、3.トータルバランスの3種類に区別しております。
1.走行性能に優れたタイプ タイヤの小さい折り畳み自転車は、ペダルをたくさん漕がなければ進まないイメージがありますが、当店で扱っている折り畳み自転車はスポーツ的な走行できるものが多く、MTB、ロードレーサーと比べても遜色なく同じくらい進むモデルもございます。 サイクリングロードでロングライドを楽しんだり、峠を走りに行ったり、ロード、MTBと遜色ない走行性能を持つモデルもたくさん販売されております。 当店取扱いで代表的なモデルは
・タルタルーガ タイプS 
・KHS F20シリーズ といった所です。
タルタルーガ タイプSは走行性能は申し分なくロングライドも街乗りも楽しく走行できます。 ホイール径は20インチでも451mmタイプなので、KHSが使用している406mmタイプより周長が長いので、単純にギア比が同じの場合、クランクが1回転すると、451mmホイールのほうが距離が進みます。 フロント、リアキャリアも専用品がオプションで販売されており、荷物を積んで、ロングライドを楽しむことが出来ます。ロードバイクでたとえるとランドナー的なモデルです。日帰りのサイクリングだけでなく、泊まりのあるロングツーリングが得意なモデルです。 但し、タルタルーガ タイプSは輪行などする際、折り畳んで収納というより、分解して収納するモデルです。折り畳みタイプより、輪行バックに収納するのに多少時間がかかります。 KHS F20シリーズは、ブルホーンバーが装着されており、乗車ポジションは、完全にスポーツ走行的になります。 ドライブトレインもロードコンポが装着され、フロントチェーンリングもダブルとなっておりますので、かなりの勾配のある上り坂もいけてしまいます。峠などを走行しているF20シリーズを良く見かけます。ロードレーサーの折り畳み小径車版といったところです。 折り畳みは簡単なので、走行性能&折り畳みの手軽さを重視する場合、タルタルーガ タイプSよりもKHS F20シリーズのほうが良いかと思います。 タルタルーガ、KHS両車とも共通するのが、サスペンションがついていることです。 サスペンションといっても、MTBのような荒れた路面、大きな段差を走破する為についているストローク量の長いタイプではありません。 小径車は車輪が小さく、タイヤ幅もMTBほどの太さがなくエアボリュームがない為、路面からの衝撃が吸収されにくいです。そのため、ゴムをショック材に利用したタイプ、リンク構造のタイプ、フレーム素材をカーボンやクロモリなどスチール素材などにして、ショックを吸収できるようにと、車種やその小径車の方向性によりさまざまなサスペンションタイプがございます。 快適な走行感を実現する為、タルタルーガ タイプSはフロントにリンク構造のサスペンションを路面からの細かな衝撃を吸収する為に、装着されています。リアには、一見MTBのようなエアサスペンションが装着されていますが、中身はゴムのショック材が入っており、路面の細かな突き上げ感を吸収し快適な走行を実現しております。 KHSはリアだけのサスペンションですが、ショック材タイプのリアサスとリアのフレーム素材に振動吸収性のあるカーボンまたはスチール素材を使用しています。 2.携帯性に優れたタイプ 当店取扱いメーカーの商品で、携帯性を重視した折り畳み自転車は ブロンプトン です。 いかにも英国的な感じのするスタイルが魅力的な一台です。 スタイルの魅力ですが、なんといってもそのコンパクト性です。 ホイール径の16インチとほぼ同じくらいのサイズになってしまいます。 折り畳んだ際に移動用の小さな車輪が用意されていたり、非常に考えられた構造になっています。 折り畳たまれた、ハンドル部分、リアバック部分、は固定されますので、車体を持ち上げた時にどこもぶらぶらせず持ち運べます。 ブロンプトンもリアのみショック材のリアサスが装着されております。 変速段数が少なく、ホイール、ドライブトレインは専用パーツなので、カスタマイズ、本格的ロングライド走行には不向きです。 3.両方(走行性能、携帯性)のバランスが良いタイプ 走行性能、携帯性、カスタマイズ性等のトータルバランスに優れたモデルは r&m BD-1 です。 走行性能では、KHS F20、タルタルーガ タイプSなどの20インチホイールであり、スピードを出しても安定感のある走りが出来るタイプには若干劣りますが、かなり高いレベルで走行できます。フロント、リアともにサスペンションが装着されており、ロングライドでも振動から来る疲労を軽減してくれます。 折り畳みのしやすさ、コンパクト性、重量に関しても、折り畳み寸法は、ブロンプトンに劣りますが、18インチホイールを使用しているため、かなりコンパクトになります。重量も約10KGと折り畳み自転車の中でもかなり軽量の部類に入りますし、折り畳みのしやすさに関しても、KHS、ブロンプトンよりも短い10秒ほどで畳む事が出来ます。 カスタマイズ性に関しても、KHS、タルタルーガ、ブロンプトン以上に、いろいろなパーツの互換性があり、自分なりの個性的な仕様に変更できるポテンシャルを持っています。

06購入後のアフターに関して

どの自転車にもいえることですが、メンテナンスは必ず必要となります。 スポーツバイクは変速、ブレーキなど、必ずメンテナンスが必要となるパーツが多く装着されています。 変速や、Vブレーキなどは、調整がくるいますので、自分でやらない場合は、近くのショップで作業してもらう事になると思います。 ちなみに当店では
・当店購入車は変速、Vブレーキ調整は永久に無料(最初のオーナーのみ)
・簡単な点検、調整も永久に無料(最初のオーナーのみ) となっております。簡単な調整や点検では当店購入車の場合、料金が発生しません。他店購入車の場合は、工賃が発生します。当店では変速調整は1箇所\1,000かかります。 ご自分で修理、調整などしない場合、自転車は近くでご購入されたほうが、アフター面で安心ですし、工賃など考えると、インターネット等で安く購入するよりローコストになる場合もあり、長く見た場合、いろいろなメリットが多いと自分は思います。カスタム等の相談も購入店のほうがしやすいと思いますし、ショップツーリングイベント等も参加しやすいかなと思います。 ただ自分でできる調整部分も多数あり、それを行うことも、スポーツ自転車の楽しみではあります。 折り畳み自転車を購入されたお客様でも、折り畳みを活用されている方は、非常に少ないと思います。 折り畳み方法が複雑で難しい、と思われるモデルのありますが、何度か練習すれば、こつをつかめ、簡単に折り畳めます。 折り畳みを覚えると、楽しみ方が倍に広がります!!
・電車、バスなどに乗って、小旅行。旅行先は自転車で観光。
・通勤に使用し、故障したり疲れたりした時は、輪行で。
・車に積んで、駐車場からは自転車で。
・折り畳んで、部屋にしまえば、盗難防止にんなりますし、オブジェにもなり一石二鳥。 などなど楽しいつかい方のアイデアが膨らんできてわくわくしますね!! 是非一度折り畳み自転車ライフを体感して下さい!!

top