ホーム > Yuji's コラム > 初めてのキッズバイク

幼少の時期に、補助なしの自転車に乗れるようにしておくのは、非常に良い事だと思います。習い事、友達との遊び、親と買物など移動手段として必需品でもありますが、幼少時に体で覚えた技術は、大人になっても忘れません。 最近ではあまりいらっしゃらないですが、幼少時に自転車に乗らないで大人になりますと、補助輪なしの自転車に乗れるようになるのは、非常に時間がかかってしまいます。 自分がファーストバイクを買ってもらったのは、遅めでしたが、現在の子供たちは、3~4歳くらいに最初の自転車を購入してもらうことが多いようです。 自分が始めて、補助なしの自転車を乗ったのが小学校1年生の時で、足が届かない補助なしの自転車に、いきなり乗って、大転倒してしまいました。その時の恐怖心によりしばらく補助なしの練習が再開できなかった過去があります。 (支える人がいないで勝手に1人で乗ったのがいけないのですが) 長い期間乗れるように、補助輪つきの自転車でも大きすぎるサイズを購入しますと、うまく乗れず、あまり自転車に乗らなくなったりします。自分の子が三歳の時、足がぎりぎりペダルに届くくらいの16インチを購入してしまいました。補助なしの練習するのに数年かかりそうなので、再度12インチを購入しました。しばらくして足が地面に届くようになり、補助輪なしの練習をすると、あっという間に乗ることができました。買い換えるのはもったいないと思いますが、子供用自転車を選ぶコツは、身長にあわせることです。 どうしても大きいサイズを購入し、長い期間使用したいとは思いますが、乗りやすさと安全性を重視していただきたいと思います。 ハンドル、ステムの長さ、角度を変えることによって、乗りやすくなったりする場合もありますので、販売店で実車にまたぎ、確認するのが良いと思います。

01子供用自転車のサイズ

当店では海外メーカーの自転車の取扱いの為、ホイールサイズが12、16、20、22、24インチのタイヤ径の子供車の取扱いとなります。 三輪車もメーカーよってはありますが、三輪車は前輪の中心にペダルがありますので、足の位置が遠いです。 12インチの子供自転車のほうが、ペダル位置が近くにありますので、乗りやすくなっています。 日本メーカーなどは、14、18インチもあるメーカーがあります。 子供車の質問で一番多いのが、やはりサイズです。
・○歳の子は、何インチの自転車が良いですか? 年齢ですと、同じ年でもかなり身長差が有る場合が多いので、身長を基準にする場合が多いです。
・12インチ 90~105cm
・16インチ 100~120cm
・20インチ 115~135cm
・22インチ 120cm~140cm
・24インチ 130~150cm という感じです。
但し、子供たちは1年に身長が約4~5cmは伸びますので、ちょうど良いものを購入すると、すぐ小さくなりますので、購入時期が難しいですね。 ただ、長く乗れるように、大きすぎるサイズを購入しても危険ですし、このあたりも販売店で実車をまたぎ、足がつくか、腕が伸びきっていないか、などポジションを調整してみたほうが良いです。

03フレーム素材

少し前まではハイテン、クロモリなどのスチールフレームが多かったのですが、当店取扱いメーカーは、ほとんどアルミフレームになっています。 パーツ類も、アルミ・ステンレスを使用することが多くなっており、子供車は外置きが多いと思いますが、メインパーツは錆にくくなってます。

05購入後のアフターに関して

基本的に当店購入車の子供車も、他のスポーツバイクと同じメンテナンスサービスが適用されます。 ・当店購入車は変速、Vブレーキ調整は永久に無料(最初のオーナーのみ) ・簡単な点検、調整も永久に無料(最初のオーナーのみ)

02ブレーキの種類

子供用自転車にはコースターブレーキというタイプを使うメーカーも多いです。海外メーカーでは、12、16インチの子供用自転車にはほとんどこのブレーキが装着されています。 通常はハンドルのブレーキレバーを引くと、ワイヤーが引っ張られ、ブレーキが効き、停止するというシステムのブレーキですが、コースターブレーキは、ペダルをうしろに回すと、後輪がロックされ停止するブレーキシステムです。 海外メーカーが12、16インチの子供用自転車に好んでこのブレーキを使う理由としては、
・子供は握力がないため、ブレーキレバーを引くタイプでは、ブレーキが効きづらい。足で少し逆回転させると止まるので、力がいらない。
・オフロードなどを下る場合、ペダルの位置を平行にするという、パラレルポジションが身につく。 という事です。
個人的に、コースターブレーキが好きではないので、当店で取り扱う12、16インチの子供用自転車もブレーキレバーを引いて、ブレーキをかけるタイプを扱うようにしております。 身長が伸び、自転車もインチアップしていくと、すべてブレーキレバーでブレーキをかけますので、それに小さい頃から慣れていたほうが良いと思っています。(ちなみにビーチクルーザーはコースターブレーキを使用している物が多いです) ブレーキレバーも手の大きさ、指の長さにおおじて、レバーへの指の掛かり具合を調整できるタイプが取り付けられていると良いです。

04お勧めモデル

当店では12,16インチモデルはルイガノのキッズバイク ・LGS-J12 \22,575(税込) ・LGS-J16 \23,625(税込) を店頭在庫しております。 お勧め理由としては
・アルミフレーム、アルミハンドル、アルミリムなど錆びにくく、軽い素材を使用。
・カラーがかわいらしく、豊富。
・ブレーキレバーの握り幅調整付。
・シートポストの固定がクイックタイプの為、長さ調整が工具不要でできる。
・オプションで手押し棒が装着可能(12インチ) といった所です。
20インチモデルは
・ルイガノ LGS-J20 \26,775(税込)
・スペシャライズド ホットロック20 6スピード \35,000(税込) を店頭在庫しております。
お勧め理由としては LGS-J20 ・アルミフレーム、アルミハンドル、アルミリムなど錆びにくく、軽い素材を使用。
・カラーがかわいらしく、豊富。全5色
・ブレーキレバーの握り幅調整付。
・シートポストの固定がクイックタイプの為、長さ調整が工具不要でできる。
・シングルスピードなので重量も軽く、チェーンが外れるなどトラブルもなく街乗りにピッタリです。
スペシャライズド ホットロック20 6スピード ・アルミフレーム、アルミハンドル、アルミリムなど錆びにくく、軽い素材を使用。
・カラーがかわいらしく、豊富。全5色
・ブレーキレバーの握り幅調整付。
・シートポストの固定がクイックタイプの為、長さ調整が工具不要でできる。 ・リア6段変速なので、上り坂がある街乗りにピッタリです。
・フロントサスペンションがついていますので、本格的オフロード走行も可能です。 24インチモデルは ・スペシャライズド ホットロック24 7スピード \37,000(税込) を店頭在庫しております。
お勧め理由としては
・アルミフレーム、アルミハンドル、アルミリムなど錆びにくく、軽い素材を使用。
・カラーがかわいらしく、豊富。全4色
・ブレーキレバーの握り幅調整付。
・シートポストの固定がクイックタイプの為、長さ調整が工具不要でできる。
・リア7段変速なので、上り坂がある街乗りにピッタリです。
・フロントサスペンションがついていますので、本格的オフロード走行も可能です。

top