2006.3.12 ブルドックストレイル

3/12(日)トレイルライドへいってきました。今回は高校時代(20年前です!!)の部活の仲間とともに行ってきました。年始に集まったとき、「MTBは楽しいぞ」と右の写真のS石、P君の両名が他の仲間にアピールし、「じゃあ山へ走りに行くぞ!!」と30なかばの親父たちがトレイルに行くことになったのですが、その時は酒がはいっていたせいもあり、のりがよかったのですが、なかには、MTBで10mくらい走ってみて「ほんとMTBたのしいな!!」とやる気満々だったものもいたのですが、やはりみな興味がないようで、今回は結局、3人での同窓トレイルライドとなりました。 S石は何度かトレイルライドの経験もあるのですが、P君は今回が初トレイルライドです。2年前よりMTBでの自転車通勤をはじめてからMTBの楽しさを知ってしまいました。TREK4400から昨年、アンオーソライズド 33rpmのフレーム(自分もおそろ。カラーはチョコです)にコンポはフルXT、サスペンションはミニッツ、ホイールはマビック、ハンドルはイーストン、ステム・シートポストはトムソンなど隙のないトレイルバイクを組上げ乗り換えました。今回のトレイルの前に、アウターギアを外しMRPのバッシュガードを装着しました。
 二人とも昔ほどの体力はないとはいえ、結構登れています。Pクンは初めてなのに、まったく一緒のペースでした。ぬぅ〜(たぶん自分がいちばんきつそうにみえました)  頂上付近で、ランチ&休憩。自分が得意のインスタントラーメンをご馳走しました。(ただガスバーナーでなべにお湯を沸かし、入れるだけですが)
ハイカーの方、トレイルランニングの方などがいらっしゃいました。
 さあ、メインの楽しい下りの始まりです。  初トレイルライドのPクンですが、大学時も活躍していたアスリートでスムーズなライディングです。センスがよいです。
 Pくんは花粉に苦しみながら走っていました。そういえば自分も花粉症なのですが、なぜか山に来ると大丈夫なのです。帰りの車の中で目がかゆくなりました。  もともとサーフィンが得意なS石。やはりMTBのように自然を相手に楽しむスポーツにはまってしまうようです。
上りも下りも、色々考えながら走っていました。
  Pくんの初トレイルライドの感想は「おもった以上に疲れた。でも楽しい!!」とのことでした。いくら遊びとはいえ、やはりちょっとしんどい思いをしたほうが終わったときの達成感がありますね。
また企画してチームメイトの参加を徐々に増やしていきたいとおもいます。(つれていきます)